Is Caries a Sugar Disease?

食事と栄養はむし歯を含め、多くの疾患にとって重要な因子である。研究によると、食事由来の砂糖特にショ糖はむし歯の病因の中で重要な役割を果たしています。最近の所見では、他の因子が重要かもしれないと提案している。

オーストラリアのメルボルン大学とスリランカのペラデンリア大学の研究者はスリランカで15歳のうちいくつかのむし歯のリスクファクターを評価しました。統計学的算出に基づいて1225人の生徒のサンプルが必要とされた。これは、先生からアシスタントと学校で簡易的に行われた。生徒と両親は、アンケートを完成し各々の生徒は臨床的に調査された。

むし歯有病率は、全体の47%でした。3つの食事パターンが同定され、それは甘味、健康的、デザートからなります。これらのパターンは13品目または食物グループから得られます。甘い食事パターンのものはよりむし歯が多そうである。高所得者は健康的で豊富な食事パターンを連想します。驚くべきことに健康的な食事パターンはむし歯がより少ないとは連想しなかった。

低所得者のアメリカ人の成人の研究では、4つの食事パターンが同定されむし歯の決定要素として明らかになったものはなかった。低所得者のアフリカ系アメリカ人の子供のもう一つの研究では、食事のパターンと喪失した歯のうちのむし歯との間に関連性を持たせることに失敗した。より多くの因子が砂糖と砂糖制限の他に考えられる必要がある。最近の研究では唾液pHと特定の口腔内細菌の存在がむし歯のリスクを決定する重要な因子になるかもしれない。

臨床的意義:単に砂糖の制限よりもむし歯の対策方法があると考えられる。

参考文献

Perera,I.,Ekanayake,L.,:Relationship Between Dietary Pattems and Dental Caries in Sni Lankan Adolescents.Oral Health Prev Dent 8: 165-172,2010