現在多くの歯磨剤が販売されています。今回はその中の一つハーブの歯磨剤の効果について検証した論文を紹介します。

Herbal Toothpaste Reduces Inflammation

ハーブ歯磨剤は炎症を軽減する。

歯ブラシは最も一般的に使用される口腔衛生ツールですが、誰もが効果的というわけではない。いくつかの研究は、ブラッシング後に半分以上プラークが残っていると報告しました。これはなぜ歯肉炎が毎日ブラッシングしているにもかかわらず、いくつかの問題として残しているかを説明します。これらのケースでは、抗菌歯磨き粉が推奨されます。ハーブの抗菌および抗酸化プロパティを使用し、口腔ケア製品に追加されている。例えば カモミール、エキナセア、モクレンとセージ。
スウェーデンのヨーテボリ大学の研究者は、ハーブ歯磨剤とフッ化物の歯磨剤を比較しました。両方の歯磨き粉は平野の白い管のコルゲートによって提供されました。両方の歯磨剤にはラウリル硫酸ナトリウム 1.5 % と 1100 ppm フッ化ナトリウム含まれています。テスト歯磨剤はまたマグノリアの木から 0.3 % のマグノリアの抽出含まれています。また被験者研究の毎月のコルゲートの新しい歯ブラシを与えられました。
6 ヶ月後調査は 94 の科目によって完了しました。開始時、3ヶ月後、6ヶ月後に出血、歯肉炎、歯垢のスコアが記録されました。両方のグループは開始時から 3 カ月のプラークと歯肉炎のスコアの大幅な削減を示した。スコアは 6 ヶ月後より低くなりましたが両方のグループで明らかな差はなかった。これは患者が時間と共にやる気が減少している傾向を示唆しています。
プラークの削減が両方の歯磨剤で似ているがテスト歯磨剤は歯肉炎側でわずかに減少を示した。テスト歯磨剤は対照群歯磨剤の 30 % に比べて 60% による出血部位の数を減らした。
臨床的意義: 重度の歯肉炎を持つ患者にとって、ハーブ歯磨剤は炎症を減らすことによって歯ブラシの利益を拡大するでしょう。

Hellström, M. Ramberg, P.: The Effect of a Dentifrice Containing Magnolia Extract on Established Plaque and Gingivitis in Man: A Six-Month Clinical Study. Int J Dent Hygiene 12(2): 96-102, 2014.