豊中市阪急蛍池駅の歯医者さん、いけだ歯科です。「健康で美しい歯のために」をモットーに、できるだけ削らない・抜かない虫歯治療、お口の悩みについて気軽に相談できる明るく清潔な医院作りを心掛けております。 豊中以外にも、池田、箕面、伊丹などから患者様にご来院いただいています。

歯に関する豆知識

  • HOME »
  • 歯に関する豆知識

歯に関する豆知識

硝酸カリウムで治療を施した象牙質知覚過敏症

現在7人に1人は「知覚過敏」と言われるぐらい頻度の高い疾患になりました。2,3日で治まることもあれば重度になると息をするだけでも痛いなど厄介な疾患です。一つの対策として「シュミテクト」などに含まれる硝酸カリウムの効果につ …

若年成人の喫煙

喫煙は万病の元というのはよくご存知かと思います。当然、歯周組織にも多大なる悪影響を及ぼします。若い年齢層でも喫煙者と禁煙者では歯周組織に明らかな差が出ています。 Smoking In Young Adults 若年成人の …

洗口剤は歯間部に届くのか?

洗口剤や歯ブラシは歯間部まで網羅できるのでしょうか?今回の研究では残念ながら洗口剤の歯間部への効果は認められませんでした。歯間部は、フロスや歯間ブラシを通さないといけないんですね。 洗口剤は歯間部に届くのか? Will …

メンテナンス

「定期的に歯の検診を受けましょう。」とよく言われます。虫歯や歯周病は症状が出た時にはかなり進行してしまっているので早め早めの対策が必要です。では、どのくらいのペースで管理してもらうのがいいんでしょうか? メンテナンス S …

親知らずの抜歯の時期

親知らずは抜くべきかに関しては個人のお口の状況によって様々ですが抜くのであればいつが好ましいのでしょうか?抜くことに対しての問題点としては手前の歯との間の骨欠損です。ではいつ抜くと骨吸収は防ぐことができるのでしょうか? …

若者の口呼吸者は頭の位置が前になりやすい

前方頭位は口呼吸と関連しており、それは口からの空気を入れる咽頭を開くことを助けているようである。口呼吸は、お腹からの深い呼吸よりもはるかに胸の上部で頻繁に行われている。今回はこうした口呼吸と頭の位置との関係を紹介します。 …

歯肉退縮と硬い歯ブラシ

2 年前 ( 2014-10-23 14:49 )  硬めの歯ブラシが好きな方って多いですよね。ですが硬い歯ブラシで磨きすぎると歯肉が減ります。今回は、歯肉組織の質、炎症の有無、口腔衛生状態、ブラッシング技術、ブラッシン …

ワックス付きフロス

歯と歯の間はプラークの最も溜まりやすい場所になっています。歯間に直接アプローチできるのが歯間ブラシとフロスになります。今回はフロスの中でもワックスの有無や量の違いにどんな差があるのか調べた研究です。 ワックス付きフロス …

歯ブラシの交換時期①

歯ブラシの交換時期はいつごろでしょうか?世間では歯ブラシの毛先が開いてきたらという答えが多いと思います。今回は細菌感染から見た歯ブラシの交換時期について報告します。 感染した歯ブラシ Infected Toothbrus …

舌の突出による問題

正常な嚥下では、舌は歯に触れることなく口蓋(上顎の天井)に押し付けられ、歯どうしは瞬間的に接触するんです。舌の位置が飛び出したり、歯を押すような動きをしてしまうと顔貌や骨格や歯並びに影響します。 Tongue Thrus …
1 2 3 4 5 7
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.