豊中市阪急蛍池駅の歯医者さん、いけだ歯科です。「健康で美しい歯のために」をモットーに、できるだけ削らない・抜かない虫歯治療、お口の悩みについて気軽に相談できる明るく清潔な医院作りを心掛けております。 豊中以外にも、池田、箕面、伊丹などから患者様にご来院いただいています。
歯に関する豆知識

未分類カテゴリー記事の一覧です

歯間部清掃の価値

未分類

The value of interproximal cleaning

何年も行われている実験的歯肉炎の研究では、プラークの蓄積であるという科学的根拠を示しており、臼歯の隣接面、遠心頬側面と舌側面でより歯肉炎を引き起こす。規則的の口腔衛生管理に戻ることは歯肉炎を改善します。実験的歯肉炎を立案したスイスのベルン大学の研究者たちはプラークと歯肉炎レベルにおいてブラッシングとフロッシングの効果を比較した。

8人の卒業前の学生による4つのグループがこの研究に参加した。テストグループの中には、コルゲートトータル歯磨剤で1日2回ブラッシングをしたものと、J&Jのワックス付きフロスかワックスなしフロスのどちらかで1日2回ブラッシングしたものがある。4つ目のグループは水のみでうがいをすると規制した。

プラークと歯肉炎のスコアーは基本的にすべてのグループでゼロであった。21日後、水のみでうがいをしていた対照群は最も高いプラークと歯肉炎のスコアーであった。ブラッシングはフロッシングよりもよりプラークを除去し、ワックスなしのフロスよりもワックス付きのフロスの方がより多くのプラークを除去した。ブラッシングのみではプラークをすべて除去できず、歯肉炎を防げなかった。

臼歯の歯間部の歯肉炎スコアーは、プラークレベルがより低いにもかかわらず、ブラッシングでより低く、ワックスなしのフロスでわずかに高くワックス付きのフロスでより高かった。

臨床的意義:ブラッシングのみでは歯間部まで歯肉炎を予防することは出来ないであろう。歯間部のクリーニングとブラッシングの両方がお口の健康を維持するために必要とされている。

参考文献

Salvi,G.,Chiesa,A.,Kianpur,P.,R.,Schmidlin,K.,Zwahlen,M.,Lang,N..Clinical Effects of Interdental Cleansing on Supragingival Biofilm Formation and Development of Experimental Gingivitis.Oral Health Prev Dent 7:383-391,2009

むし歯はお砂糖病?

未分類

Is Caries a Sugar Disease?

食事と栄養はむし歯を含め、多くの疾患にとって重要な因子である。研究によると、食事由来の砂糖特にショ糖はむし歯の病因の中で重要な役割を果たしています。最近の所見では、他の因子が重要かもしれないと提案している。

オーストラリアのメルボルン大学とスリランカのペラデンリア大学の研究者はスリランカで15歳のうちいくつかのむし歯のリスクファクターを評価しました。統計学的算出に基づいて1225人の生徒のサンプルが必要とされた。これは、先生からアシスタントと学校で簡易的に行われた。生徒と両親は、アンケートを完成し各々の生徒は臨床的に調査された。

むし歯有病率は、全体の47%でした。3つの食事パターンが同定され、それは甘味、健康的、デザートからなります。これらのパターンは13品目または食物グループから得られます。甘い食事パターンのものはよりむし歯が多そうである。高所得者は健康的で豊富な食事パターンを連想します。驚くべきことに健康的な食事パターンはむし歯がより少ないとは連想しなかった。

低所得者のアメリカ人の成人の研究では、4つの食事パターンが同定されむし歯の決定要素として明らかになったものはなかった。低所得者のアフリカ系アメリカ人の子供のもう一つの研究では、食事のパターンと喪失した歯のうちのむし歯との間に関連性を持たせることに失敗した。より多くの因子が砂糖と砂糖制限の他に考えられる必要がある。最近の研究では唾液pHと特定の口腔内細菌の存在がむし歯のリスクを決定する重要な因子になるかもしれない。

臨床的意義:単に砂糖の制限よりもむし歯の対策方法があると考えられる。

参考文献

Perera,I.,Ekanayake,L.,:Relationship Between Dietary Pattems and Dental Caries in Sni Lankan Adolescents.Oral Health Prev Dent 8: 165-172,2010

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.