11月5日日曜日、豊中市立文化芸術センターにて第42回とよなか市民健康展が開催されました。

主催 豊中市医師会、豊中市歯科医師会、豊中市薬剤師会

共催 豊中市 豊中市教育委員会

歯科医師会のブースでは歯科健診、歯磨き指導、フッ素塗布、口腔衛生用品展示、訪問歯科展示 等々盛大に行われました。

私はと言いますと、今回は「8020表彰者」の表彰会場までのご案内をさせいただきました。100名以上の表彰者の方がお見えになり今回も素晴らしい式典となりました。そもそも「8020表彰者」とは?80歳以上で20本以上の歯が残っている方への表彰です。歯科医療の発展と皆様の歯に対する意識の向上により年々増加傾向にあります。

我々歯科医師の仕事は失った機能の回復することに注目されておりますが、本当に機能を失わないように予防することが一番だと考えております。虫歯や歯周病は一度罹患してしまうと完全にもとの状態に戻るケースはほとんどありません。我々歯科医師は、誰一人として「歯を削りたい」「歯を抜きたい」と思っている人はいません。何より「歯医者は怖い」「痛い」と嫌われるイメージを払しょくしたい。

そのためにも是非、予防のために歯科医院に足を運んでいただき気持ちいい、楽しい空間になっていただければ幸いです。IMG_1033