豊中市阪急蛍池駅の歯医者さん、いけだ歯科です。「健康で美しい歯のために」をモットーに、できるだけ削らない・抜かない虫歯治療、お口の悩みについて気軽に相談できる明るく清潔な医院作りを心掛けております。 豊中以外にも、池田、箕面、伊丹などから患者様にご来院いただいています。

妊婦とお子さんの歯医者さん

  • HOME »
  • 妊婦とお子さんの歯医者さん

妊婦とお子さんの歯医者さん

もうすぐお母さん
もう始まっているお口の中の変化

よく「一子生むと一歯失う」と言われますが、赤ちゃんに
お母さんの歯のカルシウムが取られるからではありません。それは、

  • つわり時の胃酸の逆流によってお口の中が酸性に傾きむし歯になりやすい
  • つわりや体調の変化で歯磨きが怠りがちになる
  • 食事回数の増加や、時間が不規則になりお口の中が汚れやすくなる
  • 「抱っこ」など力仕事が増えることで「噛みしめ」「食いしばり」が増える
  • 女性ホルモンのバランスが変わり歯肉が腫れやすくなる

妊娠・出産・育児を境に歯周病が忍びよる

歯の成人病とも言われる歯周病は、歯を支える歯ぐきやアゴの骨の病気で、
お口の中の歯周病菌によって引き起こされます。それらのなかには女性ホルモン
を利用して増える細菌(インテーメディア菌)がいて、妊娠中には歯肉が赤く
腫れ、出血や痛みをきたしやすいのです。
また、出産後でも育児で忙しく、お口の中の適切なケアーがなされていないまま
でいると、歯周病が進行してしまいます。

乳歯は妊娠中につくられる

赤ちゃんの乳歯の歯胚(歯の芽)は妊娠7週目頃から出来ると言われます。
従って、強くて丈夫なはは、お母さんからのバランスの良い食事が頼りです。
そして、お子様のむし歯予防は妊娠中の「マイナス1歳」からのスタートが、
むし歯菌の「母子感染」を予防する意味からもっとも理想的で効果があります。
さらに、お母さん自身のお口の健康維持、それが家族全員のお口の健康にもつながっていきます。お母さんとお子様の素晴らしい笑顔のために、今からお口の中の定期検診を続けてください。

マイナス1歳からはじめるむし歯予防

子どものむし歯の始まりはむし歯菌が口腔内へ感染する過程にあります。
主たる感染源は母親であり、その唾液を介して子どもへ伝播することが一番多いので一般的に「母子伝播」や「母子感染」と表現されています。そして食べ物をあらかじめ噛んでから子どもに与える「噛み与え」やスプーンやお箸を子どもと共有する行為が主な感染経路です。
むし歯菌の定着期間は、研究によってかなり相違があります。
これらの定着時期の中でも特に「感染の窓」として知られているのは、「生後19~31か月」ですので、この時期にむし歯菌を口腔内に多く持っている母親は感染源として要注意です。
特に2歳前に感染するとむし歯発症の可能性が高くなりその重症度も高くなります。

むし歯菌の口腔内定着に関する因子

①子どものショ糖の摂取頻度が高い
②授乳・・・特に、「母乳を欲しがるたびに与える」「夜間の授乳」
③子どもの習慣行動・・・「同じ食べ物を共有」「他の人の指を吸う」「他の人による味見」
「スプーンなどの共有」「トレーニングカップの使用」
④母親の口腔内のむし歯菌が多い
⑤母親がおやつを1日2回以上食べる

Wanらの研究報告(2001年)によると、以上の項目にあてはまる場合に、子どもの(6か月児)が
むし歯菌に感染している割合が有意に高かった。

むし歯菌感染予防の方法

①感染源(特に母親)のむし歯菌数を減少させる・・・そのために歯科医院で口腔衛生指導やPMTCなどの定期的なメンテナンスを受ける
②感染経路を遮断する・・・子どもと同じお箸やスプーンを共有しない、あるいは噛み与えをしないなど
③宿主(子ども)のショ糖摂取制限・・・むし歯菌が子どもの口の中に感染する時点でショ糖がすでに存在するとむし歯菌の定着が促進されるため

う蝕原性細菌の母子伝播予防における基本方針
  • 予防…うつらないように、こしたことはない
  • 遅延…遅いほど、軽症のむし歯ですむ
  • 子どもの口腔内に伝播してもかまわない菌(定着しにくい善玉菌)に変える。それにはキシリトールが有効です
キシリトールによるむし歯予防

  • 感染する前にむし歯菌を歯からはがれやすい善玉菌に変えられる
  • キシリトールを習慣的に摂取すると、
    むし歯菌はエナメル質からはがれやすくなる
  • キシリトールは食品なので、妊娠中に摂取しても安心

【研究】
妊娠6か月目から出産後9か月間までの13か月間、3か月ごとに甘味料として
キシリトールを100%含有するチューイングガム(歯科専用XYLITOL)を与え、
1日4回以上毎日摂取するよう指示しました。
介入を終了しても、子どもが2歳になるまで経過を追跡しました。
子どもには2歳まで全く介入していません。

【結果】
キシリトールガムを母親が妊娠期から摂取すると、
子どもの口腔内へむし歯菌が定着する時期を
平均8.8か月遅延させることができるという結果でした。

キシリトールの長期摂取によって下痢は誘発されるのか

統計によるとキシリトール摂取による下痢の頻度は1.2%でした。
ですが大量摂取は控えましょう。

キシリトールガムの選択のポイントは「歯科専用」

「歯科専用」表示ならキシリトール100%です。

いけだ歯科にもご用意しております。

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.