フロスのやる気はまだ乏しい

Flossing compliance still poor

フロスのやる気は、世界中の歯科専門家の最高の努力にかかわらず評判が悪く乏しい。歯科専門組織は、毎日のフロスを推奨しましたが実際ほとんどの人が日常的にフロスを使用していない。ドイツのベルリンの研究者たちは、フロスのやる気に関連する心理面を測定するために非実験的にインタビュー研究を6週間管理した。議題はフロスの指導を受け、オーラルBサテンフロスのサンプルを与えられてフロスの習慣を質問し、そしてフロスのやる気とやる気に関連する心理面についての質問に対して書かれた答えを必要とした。その研究は、日頃の講義クラスの間に研究のために集められた258人の心理学部と教育学部の学生によって始められた。それは、メールを通じて送られてきた2つの質問事項に従い、最初のデータ収集ポイントのためである。この研究では、高い脱落率を経験し2つ目の質問事項に応じられたのは181人だけで3つ目の質問まで完成したのは157人であった。

 基本的には、毎日フロスをしたのは258人中18人でした。短い研究の期間でさえフロスのやる気は乏しかった。2週間では上昇がみられたが4週間後には下降した。よりやる気の出るホーソーン効果による見込みのある状態にも関わらず、やる気は失望しつつあった。

臨床学的考察:毎日フロスをする人を得ることは、技術指導よりも必要である。患者の意思と適度な日常のプランの変化、分ける戦略、やる気に対する障害が成功の秘訣かもしれない。

参考文献:Schuz,B.,Sniehotta,F.m,Wiedermann,A.,Seemann,R.:Adherence to Daily Flossing Regimen in University Students:Effects of Planning When,Where,How and What to do in the face of Barriers.J Clin Perio 33:612-619,2006.