豊中市阪急蛍池駅の歯医者さん、いけだ歯科です。「健康で美しい歯のために」をモットーに、できるだけ削らない・抜かない虫歯治療、お口の悩みについて気軽に相談できる明るく清潔な医院作りを心掛けております。 豊中以外にも、池田、箕面、伊丹などから患者様にご来院いただいています。
歯に関する豆知識

未分類カテゴリー記事の一覧です

フロスのやる気はまだ乏しい

未分類

 フロスのやる気はまだ乏しい

Flossing compliance still poor

フロスのやる気は、世界中の歯科専門家の最高の努力にかかわらず評判が悪く乏しい。歯科専門組織は、毎日のフロスを推奨しましたが実際ほとんどの人が日常的にフロスを使用していない。ドイツのベルリンの研究者たちは、フロスのやる気に関連する心理面を測定するために非実験的にインタビュー研究を6週間管理した。議題はフロスの指導を受け、オーラルBサテンフロスのサンプルを与えられてフロスの習慣を質問し、そしてフロスのやる気とやる気に関連する心理面についての質問に対して書かれた答えを必要とした。その研究は、日頃の講義クラスの間に研究のために集められた258人の心理学部と教育学部の学生によって始められた。それは、メールを通じて送られてきた2つの質問事項に従い、最初のデータ収集ポイントのためである。この研究では、高い脱落率を経験し2つ目の質問事項に応じられたのは181人だけで3つ目の質問まで完成したのは157人であった。

 基本的には、毎日フロスをしたのは258人中18人でした。短い研究の期間でさえフロスのやる気は乏しかった。2週間では上昇がみられたが4週間後には下降した。よりやる気の出るホーソーン効果による見込みのある状態にも関わらず、やる気は失望しつつあった。

臨床学的考察:毎日フロスをする人を得ることは、技術指導よりも必要である。患者の意思と適度な日常のプランの変化、分ける戦略、やる気に対する障害が成功の秘訣かもしれない。

参考文献:Schuz,B.,Sniehotta,F.m,Wiedermann,A.,Seemann,R.:Adherence to Daily Flossing Regimen in University Students:Effects of Planning When,Where,How and What to do in the face of Barriers.J Clin Perio 33:612-619,2006.

キシリトールガムは虫歯発症率を低下させる

未分類

Xylitol chewing gums reduce caries rates

キシリトールチューイングガムは虫歯発症率を低下させる

これは、何年も前に公表され今日もまだ引用されている古典的研究です。

虫歯は、生活の質に影響しうる細菌性疾患であり相当な保健医療費を費やす。いろんな形でフッ素の使用が普及しているにもかかわらず虫歯は、驚異的な公衆衛生と経済的負担のままである。

研究者はチューイングガムは唾液を刺激し虫歯の発症を減らす手助けになると提唱している。これは、いくつかのチューイングガムの記述と並べて比較検討された最初の研究である。

中央アメリカにあるベリーズの4年生のうち9つの治療グループを比較した。その研究はベリーズ市にある19の公立学校が含まれ、40か月続いた。
その9つのテストグループは
1. ガムを使用しない対照
2. 1日5回砂糖配合棒ガム
3. 1日5回ソルビトール配合ペレットガム
4. 1日5回45%キシリトール・30%ソルビトール配合ペレットガム
5. 1日5回15%キシリトール・45%ソルビトール配合ペレットガム
6. 1日3回60%キシリトール配合棒ガム
7. 1日5回60%キシリトール棒ガム
8. 1日3回65%キシリトールペレットガム
9. 1日5回65%キシリトールペレットガム

ガムを咬むことは学校でずっと管理されて、週末と休日と休暇の間に指導された。

4人の歯科医師のうちの1人が基本的なもので16、28、40か月で各々のこどもを調べた。砂糖配合のガムは対照群と比較して虫歯がわずかに増加した結果となった。すべてのソルビトールとキシリトールガムは虫歯の予防効果レベルを示した。虫歯予防で最も効果のあったガムは1日5回咬んだキシリトール配合ガムでした。

臨床的意義

キシリトールの最も効果的な虫歯の予防効果を達成するには毎日5回100%キシリトール配合ガムを咬むことを患者さんに促進することである。

参考文献
Makinen,K.,Bennett,C.,Hujoel,P.,Isokangas,P.,Isotupa,K.,Pape,H.,Makinen,P.:Xylitol Chewing Gums and Caries Rates:A 40-Month Study.J Dent Research 74:1904-1913,1995.                                    

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.