令和元年のお盆休みに家族で和歌山県は白浜町に行って参りました。

恒例とは言っても2回目ですが。台風の接近に伴いドキドキしながらの旅行となりました。滞在中はほぼ快晴に見舞われ楽しむことができましたが白良浜や串本海中公園では遊覧船による観光を計画していたのですが台風のため中止となり残念でした。メインは南紀白浜アドベンチャーワールドでしたので暑すぎるぐらいの快晴でヘロヘロになりながらも満喫できました。南紀白浜アドベンチャーワールドはリピーターですのである程度の容量は把握してましたので行列を避けて周遊できました。

あとは、宿泊施設のプールで遊びましたね。自分自身は、日頃の運動不足のため無理のないようにセーブしながらの遊泳。子どもたちがすごく楽しそうにはしゃいでくれたのであの笑顔を見ているだけで幸せな気分に浸れましたね。

子供たちが小さい分、何をやっても新鮮で喜んでくれるところがまた幸せ。まだ海は危険なので入っていませんが、裸足になって波打ち際で砂浜と波の感触を体感してきました。キャッキャはしゃぐ笑顔がまた最高。そのまま花火体験。恐る恐る腰が引けながら花火を持つ姿は初々しかったですね。

和歌山は海の幸が豊富ですので食べることも楽しみにしてはいるのですが息子たちがまだ幼児のためまだまだシンプルな料理が最も喜ばれますので海鮮料理はおわづけです。

楽しい旅行は一瞬にして終わってしまいますね。次の休暇を目指してまた頑張るぞ。

最後に、アイスにかき氷、ジュースなどなど皆さん食べたら歯磨きお忘れなく。