豊中市蛍池駅から徒歩3分妊婦とお子様にやさしい歯医者さん いけだ歯科

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは、見た目の美しさに焦点を当てた歯科治療のことです。
「歯にコンプレックスがあって人前で話せない」「人前で笑えない」など悩みをお持ちの方は是非ご相談ください。
口元を綺麗にすることで、「思いっきり笑えるようになった」「毎日の生活が楽しくなった」など、
患者様のQOL(生活の質)の向上こそが審美歯科の最も重要な役割と考えております。
審美歯科の治療法には、主に補綴(ほてつ)による治療とホワイトニングの2種類があります。

補綴(ほてつ)による治療

「補綴による治療」とは、詰め物や被せ物をより自然に見せたい治療のことを示します。
現在の保険制度では、歯の修復材料に金属とコンポジットレジン(合成樹脂またはプラスチックと表現される)が認められています。

当然ですが国が認める材料ですので決して悪い材料ではございません。
心配せずに保険診療を受診してください。
ですが、欠点はあります。

金属(銀パラジウム金合金)
【1】金属アレルギーをお持ちの方の身体への負担
【2】金属色による見た目の違和感
【3】ラジウムにプラーク(歯垢)が付着しやすい。

コンポジットレジン
【1】強度的に弱い
【2】経年的劣化による変色

それらを解消できる材料が「セラミック」ということになります。
「色が気になる」「歯並びが気になる」「アレルギーが心配」等、気になる点がございましたらお気軽におたずねください。

審美歯科の基本的な治療の流れ

1.カウンセリング

悩みを持っている部分についてよく相談させていただきます。
どんな治療方法があり、治療期間はどのくらいかかるのか、利点と何か弊害はあるのか、そして費用についてきちんと納得して頂いた上で治療を受けることが大切です。
質問があれば、その都度聞くようにしてください。

2.診査、診断

レントゲン撮影、歯周基本検査(出血、歯周ポケット、動揺など)、虫歯検査、かみ合わせ検査を行います。
行った審美治療が少しでも長く維持できるようにお口全体の状態を把握します。

3.必要があれば虫歯、歯周病の治療

綺麗になった歯を持続して頂くためにも、審美治療の前に虫歯や歯周病などの治療を優先させて頂くことがあります。
虫歯治療や歯周病治療や今後のリスクの説明をさせていただきます。

4.歯の形成、型取りなどの治療

お口の中が健康な状態になったら、いよいよ審美歯科治療が始まります。

5.治療完了

納得のいく色や形になっているか確認します。
納得して頂けない場合は、遠慮せずおっしゃってください。

6.メンテナンス

いかにこの状態を維持できるかが重要になります。
定期的に歯科医院でメインテナンスして頂きましょう。
また、日頃からご自宅でもお手入れを欠かさないように心がけましょう。